新社屋新築工事レポ その⑥

新社屋新築工事レポ 第6回目!

今回は建方の様子をお伝えします!

(写真がたくさんありますので、前半/後半に分けての掲載です!)

 

弊社の新社屋は住友林業㈱様でお願いしました!

(弊社は、住友林業㈱様の指定工事店という関係です。)

現在、CMでも話題になっているビッグフレーム構法で建てていきます。

 

まず、ビッグコラムと呼ばれる大断面集成柱の1階部分を建てる作業(コラム建て)からスタート!

 

こらむ2 ⇒ ⇒ S__225566722

一般的な柱の5倍以上の幅があり、優れた耐震性を確保しています。

 

翌日は土台伏せ作業。

土台とは、基礎の上に横になっている木材のことです。

土台には赤枠で囲われた部分の様にひらがなと数字が印字されております。

これは番付と呼ばれており、ひらがな(横軸)・数字(縦軸)の座標軸で、木材の設置位置を表しています。

木材が少し赤っぽくなっているのは防蟻処理がされているからです。

S__225566724 ⇒ ⇒ 番付

大工さんは土台に穴開けて、基礎から出ているアンカーボルトやホールダウン金物に番付を見て固定していきます。

 

S__225566726

土台伏せ完了です!

次回は建方後半をレポートします!

新社屋新築レポート|2017年11月6日